日本の水は柔らかいと評判です

日本の水は総じてまろやかでおいしい、柔らかいという表現も水の表現として存在する、なぜならば軟水だから。海外から輸入されるミネラルウォーターは一般的にミネラル成分を多く含んでいるから荒っぽく、やはり硬い、そんな味もして「うまくない!」感は否めない。当然料理にもそれは影響していて、和食にはやはり日本独自の軟水でなければそれは成立しないのである。海外でのミネラルウォーターの起源は17世紀にさかのぼる、イギリスのマルヴァーンの水を瓶につめて販売したのがミネラルウォーターのはじまりである。EUの基準ではナチュラルミネラルウォーター、スプリングウォーター、プロセスドウォーターに分類される。イングランドでは、ミネラルウォーターをスティルウォーター、発泡ミネラルウォーターをスパークリングウォーターと呼ぶそうだ。日本のミネラルウォーターメーカーには日本コカ・コーラ、サントリー、キリン、ハウス食品、アサヒ飲料、伊藤園、ポッカなどお茶製造会社からの参入もあるほどの百花繚乱の様相であります。人間の排水で汚染された河川水の影響を受けないものとして海洋深層水というものがある。1200万の人口を抱える東京都は、記録的な降水量には汚水処理システムもパンクしてしまい、汚水も雨も汚水処理処理場を介さずにそのままお台場の海に流れ出ているのだから恐ろしいことである。
管理人のお世話になってるサイト⇒ミネラルウォーターはサーバーがあってなんぼ?そんなこと赤ちゃんには判りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です